ナビゲーション、レベル2:

現場の原動力

Plegt-Vosは道路および住宅の建設を行っており、Hiabのクレーンがその力となっています。

オランダ、60年前: 地方のある大工が1人で事業を立ち上げ、住宅建設を始めました。事業はその後、長兄ら3人の息子に引き継がれました。会社は彼らの名前にちなみGebroeders Plegt(Plegt 兄弟)と名づけられました。

オランダ、2007年: Vosグループの一員であるPlegt-Vos建設会社は、650名の従業員を抱え、建設機械、木材およびプレハブ住宅の建設を担当する部門を持っています。責任者はGuus Plegt氏で、彼は1940年代にこの事業を興した大工の甥にあたります。

「今では、私たちは建築家が図面を引くものであれば何でも建設しています。たとえば、学校、オフィスビル、プレハブ住宅、道路など、何でもです」とGuus Plegt氏は語ります。

「私たちのお客様は、家を新築するご家族から道路建設で手助けを必要としているオランダ政府まで、とにかく多岐にわたっています」と彼は言葉を続けました。

Plegt-Vosはオランダ全土で建設事業を展開しているほか、全プロジェクトのうち5%がドイツで実施されています。この分野の競争は熾烈ですが、Guus Plegt氏は、有能な従業員と質の高い機械があれば、万事順調に進んでいくだろうと確信しています。

理想的なクレーン

彼が言及した高品質の機械には、7台のトラックが含まれます。そのうちの5台にはHiabのローダークレーンが搭載されています。大型トラックには、HIAB 800 XSクレーンと、MULTILIFT CLF 260脱着ボディシステムが搭載されており、荷役効率の飛躍的な向上に役立っています。

「私たちは、ドイツ国境に近いLangeveenに工場を持っています。そこは小さな村ですが、私たちの工場は別世界のような感じです。何と言っても、敷地が9,000平方メートルあるのですから。私たちが製造している木枠は、幅2.8メートル、長さ6メートルの大きさです。また、屋根のパーツは3.5×10メートルで、天窓をはめ込んだ状態で工場から建設現場に出荷されます。トラックでプレハブ住宅用の木材を注意深く建設現場まで輸送し、HIAB 800 XSでそれぞれの木材を吊り上げて所定の場所に配置します」と、Plegt氏は述べます。

クレーン購入の際、Guus Pleg氏が最も優先するのが信頼性です。そして信頼性には、優れたアフターサービスも含まれています。彼が次に重視したのが、軽量のフレームと大きな吊り上げ能力です。

「最初にHiabの製品を購入したのが1979年です。以来、他のブランドを選んだのは1度しかありません。Hiabとの協力はスムーズで、保守サービスも便利です。私たちは、毎年クレーンを買うわけではありませんが、メッペルのHiabのスタッフの皆さんは私たちのことをよく知っていて、ニーズを理解してくれています」と、Plegt氏は満足げに語ります。

「2002年には、HIAB 800 XSを搭載した最初の大型トラックを購入しました。3年経ってもう一台追加しました。あれこれ長く考える必要はなく、すぐに決断しました。ほんの10分程度で決められたと思います。ただ、最初に買ったクレーンについて、何か変えたほうがよい点があるかとドライバーに尋ねたところ、『何もありません』という答えが返ってきたのです。決断すべきことは明らかでした。」

ページトップ

 


検索ツール: